2012年03月22日

ツンデレーション君が好き

ええと、タイトルはPerfumeのPuppy loveの歌詞ですが
ネバ嬢はあの歌ほどにツンデレじゃないです。。
とあるところでこのセンテンスを見かけて、おおお素敵!って思っただけです。
(もーわたし日本語をがんばってー。)

ネバヤちゃんが酔っぱらうと
「このクソビッチが!」と罵ってくださいます。
きゃああ!もっと言って!
とわたしが煽るからですが。
でもネバヤちゃんが「クソビッチ」って言うってことは
欠片もわたしをビッチだと思ってないからであって
それって嬉しいなあ。

疑えば疑うほど、表に出せないネバヤちゃんが
かるがる口にしてくれるこの喜び。
信じてもらえてるという愉悦!たまらんね!

これからも罵り続けてもらえるといいな、と思います。
罵りに値するわたしでいたい、と思います。

ドMじゃないよ!信頼されてることに酔いしれたい厨二病だよ!
posted by 綿埃雪 at 01:44| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月15日

初いちご

ネバヤちゃんが
いちごを買ってきてくれました。

酸っぱいいちごが好きなのですが
高かったり
甘そうだったりと今年は不作のようで
なかなかいちごにありつけていなかったのですが
買い物ついでにこっそり買ってきてくださった!

DSCN1786.jpg

ひといきにぺろりです。
美味しかった!
ありがとう!

ネバヤちゃんは、いちごがそんなに好きではないので
さきっちょのところだけ、ちょいとかじって
「残りは食べていいからね」
ですって!可愛い!!
そして4かじりくらいで、ぷいっとそっぽむいて
「冷たいし寒いからもういらない」
ほおおおう☆

DSCN1790.jpg

おまえさまは、いちごが、お似合いですね!
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月11日

富士急

ネバヤちゃんが作ってくれた、美味しいスパサラを
がっついてがぶがぶ食べていたら
舌を噛みました。。。orz
ネバヤちゃんの苦労も省みず、たくさん横取りした罰ですね。
わかってますぅうう!泣

去年の秋に、御姉様夫婦に富士急連れてってもらったんです。
もともと絶叫系が得意なお姉さまと
滅多に動揺しない旦那さまと
遊園地が地獄より苦手なネバヤちゃんと
遊園地なんて人生で3回目くらいのわたしです。
ちょっとネバヤちゃんが心配ではありますが
そこはみんなで前の晩から
「無理すんな!見てるんでいいんだよ!」と
口を酸っぱく言い聞かせましたし
ネバヤちゃん自身も
「うん、やめとくわー。写真とったげようねえ(`・v・´)☆」と
納得していたのです。

当日、朝の6時前に起床して
びゅんびゅん高速飛ばしてくださって
ちょん、と海老名SAに寄ってくださったりして
開園30分前には到着したんです。
買ったパンもぐもぐしながら、後方へ伸びていく長蛇の列を
ふふんと鼻で笑ったりしていたのです。(私が。めっ。)

そうして余裕綽綽で時間ぴったりに入園したのですが、
なぜか駆けだす若者たち。
そしてナチュラルに釣られる私たち。
高飛車までダッシュです。
無理な運動で、変なアドレナリンが湧きやがり
並んでいると、叫び声と轟音がひっきりなしに木霊して
理性もがりがり削られます。
これから、あれに、乗るんだぜ、おれら、ぎゅーんのどーんのずどどどーんだぜ!みたいな
わけわかんないテンションに犯されて
ネバヤちゃん、
はじめの「途中で列をはずれる」約束を履行できず
搭乗口まで来ちゃったんです。

そうすると、もう退路は断たれ
帰って来た半分パニック状態のひとたちと
それを仕分けて/安全確認して/乗せる係員の威嚇とで
まるでコンベアの上の菓子パンのごとく。
ロッカーではネバヤちゃんの最強装備「眼鏡」が奪われ封じられ

最終的な座席決める列→チェーンがはずされ→
高飛車に乗せられ→安全確認され→

びっしゃーびっしゃーたかびっしゃー い っ て ら っ し ゃ あ い ♪

まで、一瞬のできごとでした。
視力0.03のネバヤちゃんがなにかできる隙はなかった。

そうして、帰って来たときにはネバヤちゃん、
地獄からもどった英雄みたい、
こころも からだも ぼろぼろに なっていましたが
開口いちばん、蒼褪めてカサカサの唇で
「ユキと一回ジェットコースター乗ってあげたかったんだ」
とお言いになりました。

ずーっとまえに、八景島のフリーフォール(落ちるだけのやつ)に
強引に私がひとりで乗ったのを
気にしていてくれたとのこと。
4人乗りでとなりがカップルだったからね、ひとりは寂しそうに見えたかもね。。
(実際は落ちるのに忙しくてそれどころではないのよ。大丈夫よ。だから次もry)
ネ:「淋しい思いをさせてしまったから。。いつか埋め合わせをとおもっていたんだ。。」
崩れ落ちそうな膝で、そんなこと言わないで!
ネバヤちゃんにジェットコースターを強いたかったんじゃないのよ!
でもありがとう。わあああん。゜゜(´□`。)°゜。
ひどいめに合わせてごめんね!!!
わたしのために、乗ってくれて、ありがとう!!!!
ネバヤちゃんの勇姿を忘れない!!!

「まあ二度と乗らんけどな」と言っておられるので
わたしはひとりで高飛車に乗るためだけに富士急に行く機会を
虎視眈眈と狙っています。

あれね、あれね、たかびっしゃー、
ちょー楽しかった!!やばいね!
うにって曲がって逆さまになったところで
しばらく停止するでしょう。
あれが、いちばん好き!
眺めもいいし、手を離せるし!
そのあとの、ぎゅーんって落下が、きもちよくって!
やっぱり落下が好きだ!
わたし27歳にして絶叫系が得意だと知りました。遅いわ( ´_ゝ`)。

フジヤマも乗りました。
登って行く時と最初の落下は楽しいのですが
なにぶん背もたれが無いので
落下でどっぷり恍惚としていると、次の加速に備えられず、むちうちになりました。
写真撮られたやつ、わたしだけ心霊写真並みにね、くびがうしろにぐねってなってるの。
あれは不気味だったなあー。

しかし、連休の中日だったこともあって
混むわ混むわ芋洗いのごとく。
フジヤマ乗り終わって、おひるごはん終わったところで
もう並ぶ元気が残っておらず
さいごにとっとこハム太郎のちんまいのに乗って
おひらきとなりました。。。あーん。もう一回高飛車乗りたかった!
だって6時間待ちって、本当に6時間並んだら、閉園時間すぎるわよう!

エヴァの展示も見に行きました。
これの、なんか、めったでっかい初号機が
突然ばばばばばば!って動いて警報が鳴り響くのが
ぶっちぎりで怖かったです。
高飛車は乗ってればいいが、そこは自力で歩いて通り過ぎないといけないんだ。
この違いは大きいんだぜ。ネバヤちゃん。
あっあっだからそんな近くに寄ったらいけません!
初号機が襲ってくるかもしれないでしょう!
S2器官目当てなら殺して食べちゃうんだから!
(※えすつー器官はネバヤちゃんには無いしいろいろ違うすみません)

絶叫系が、というか、高飛車に惚れたのはいいのですが
横浜から遠いの。車も無いし、遠いの。
というわけで
いま高飛車のCMやってるのが、目の毒、なのです。
いきたい乗りたい落下したい!
重力加速度を振り切って、一瞬だけのニセモノ天使になりたい!(`・ω・´)!

ぐったりしてるネバヤちゃん、
フジヤマの待ち時間に黄色いものと和んでおられた模様です。
Image697_.jpg
ひよこさん

Image698.jpg
ねずみおとこ

ええじゃないかは、回転系で
4人とも苦手だったため、乗りませんでした。
でもお煎餅は買いました。ロゴが可愛いんだ★

Image728.jpgImage729 (2).jpg
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(4) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月10日

吹雪

雪でしたね!
ネバヤちゃんが速効で記事を書いて
写真も上げてくれたので
満足していたら
「顔消した写真送ってあげたのに書かないの?」と
言われてしまったので
書きます。
でもネバヤちゃんがぜんぶ、楽しく書いてくれたの!
わたしが書くことは残っていないんだ!

わたしには、ほぼ氷点下スイッチというものがあって
(ネバヤちゃんには無いようです)
外気温が零度くらいになると、からだがぽかぽかしはじめます。
でもマイナス5度を下回ると
ぽかぽかが追いつかなくなるので
実用性はありません。
このスイッチが入っていると
マイナス3℃くらいがいちばんあったかいし楽しい。
雪が降ってなおかつ積もっていたら、もっと暖かいし楽しい。

というわけで、マフラーをとって
くびを晒して
ネバヤちゃんの傘を持ってくれてる左手を
そのマフラーで巻いたりしていたら
見てて寒いからやめて!それは首に巻くものです!と怒られました。
ざんねん。。。
でも、普段部屋の中でさえ、寒い寒いと煩く言っているので
信じてもらえなくても自業自得でございます。

横浜もね、年に一回くらいは降るもんね。
来年はもっと降るように
雪請いの儀式でも考案しようとおもいます。

寒がっていたわりに、雪を手づかみするネバヤちゃん。
一緒にお散歩きてくれて、ありがとう!!

snow.gif
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月06日

風邪っぴき

風邪をひいて、ネバヤと仲良く共倒れていました。
春は基本具合悪いから、(ネバヤちゃんは花粉症だし)
風邪が治ったのか治ってないのかよくわからないです。。。
でもきっと治った!わたしは!元気ぃ!

暗いなか、重たいおふとんに入って
寝ちゃったネバヤちゃんの手を捕まえて
沈没船のきもちでした。
わたしの骨組の中に棲んでいる深海魚がするするうごいて
ラベルがぼろぼろのワインのうしろに隠れて
椅子のうえにちょこんと鮫とかましましていて
真っ赤な海老さん蟹さんが長い脚でのそのそ歩いて
ときどき水圧に耐えきれなくなった小骨がぽきりと折れたり
いつかネバヤとふたり幽霊船に成れる日まで★

おーう楽しい!風邪も楽しいね!(無理やり)

実際はぐずぐず冬を悼んでおりました。
ネバヤちゃんになぐさめてもらったりして。
うちは、ネバヤちゃんの優しさでなりたっています。
まあ、3月末までにあともうひと押し寒波が来るだろうけどな!(`・v・´)
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月05日

山笑う

むかしむかしは
春になると
山が笑ったそうな。

中途半端な山育ちとしては
いや、嘲笑った、のほうがしっくりくるなあと
おもったりします。
こわいですよね、春のあたりの山は、
寄らば薙ぎ払う!入らば喰ろうてやろうぞ!みたいな執念が
ざわざわのたうっていて。
いえ、いいです、近づかないですから御勘弁をおおおってなります。

幸いにしていまの住処は海っぷちの
山から遥かとおくの
風が潮臭い、とてもよいところであるからして
わらい声を聞かずに済むのです。
ありがたや。

なんで海は、わらわないのかしら。
春の海辺で
むわっと寄せてくる微生物の圧倒的な存在感は
怖くはないのです。

だから今年こそ
7回目の今春こそ
ネバヤちゃんに八つ当たりをするのをやめたい。
春だからという理不尽な理由で
ネバヤちゃんにがぶりと噛みつくのは
わたしの本意ではない。
時間が解決するというのは、経験から分かりきっているんだ!

こう、
鰓呼吸から肺呼吸へ
おたまじゃくしの腕前で
切り替えておしまい!女は度胸だよ!

ふふ、寝ぼけてるけど、にやっとくちびる歪めて半笑いの山↓

DSCN1743.jpg
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年03月01日

ときどき不条理

ネバヤちゃんは、ときどき、ネバヤちゃんの都合とは関係なく
わたしを慰めなければならないのです。
なんて、ひどい。

感情を
恋人に対してもとりあえず閉じがちなネバヤちゃんと
恋人に対して100%全開なわたしだと
そうして不条理なことが起きるのです。

こないだ落ち込んでいた件は

おんなふたり、
・十数年来、趣味をわかちあい
・数年前から同居して
・猫を家族に迎えていて
・海外旅行も一緒に行く
・熱を出したら寝かしつけ、目を覚ましたら看病のためPC落ちする
という関係が
ビアンじゃないなんて!
ぜったい信じないわ!正直に言えないだけよねそうよね!

というくだらないものでした。
数年に一回、これをやらかすんですが
ビアンじゃないひとを、ビアンぽい〜って盛り上がって
あとで落ち込む、という。

このアホみたいな行動、なんかデジャヴするなあと思っていたら
百合男子でした。うん。なんか、なんだろうこのきもち。
しょうがないよね。やめられないよね。同病相憐れむ。
百合っぽい美味しい匂いがするのんけさんっていうのがいてはって、
それは恋愛感情じゃなくても「お互いにかけがえのない存在」に進化している間柄で。
「ちがう!ちがうんだそれはビアンじゃない!」と
理性はがんばってみるけれど
萌えは勝手に暴走するから。。。ははは。

そんなことで
煩わされたネバヤちゃん。
よしよしと頭を撫で
フォローを入れ
わたしの好きな御菓子を買ってくれて
モノマネまでしてくださいました。

どうしよう、ネバヤちゃんが明日家出してたらどうしよう!
実家に帰らせていただきます、って
もうあなたのわがままには疲れました、って
わあああああああん
見捨てないでネバヤちゃん。。。
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年02月16日

バレンタイン2012

つきあってから、バレンタインに欠かさず御菓子をくださるネバヤ嬢。
ひるがえってわたしはホワイトデーにおかえししたこと、一回くらいです。
しかもビール。。と、おかき。。。
ご、ごめんなさい。。
今年のホワイトデーこそは何か、素敵なことをしないといけないわorz

去年は
わたしが、自分チョコ!値段は見ないぜ!と浮かれてはしゃいで
どーれーにーしーよーうーかーなーとかウザイ感じで迷っているうちに、
さっと一瞬で絢爛チョコを買ってきて、はいよどうぞとくださいました。
ネバヤちゃんがくれたチョコがいちばん美味しかった。。

今年は
わたしが、いやーきらびやかなチョコとかもういいわー枯れたわーと
風呂でうとうとしているうちに
ダッツとおだんごを買ってきてくださいました。

「ちょっと、チョコじゃないんだけど、探したんだど、
でもダッツのユキが好きなクラシックショコラは無くって
ほかの味もユキ好みのものが無くって、もう!
あ、おだんご美味しそうだよね。和菓子冷凍するなんておもしろくね?☆
こないだ和菓子食べたがってたでしょう?
冷凍だから欲しいときにちょこっとだけ食べれるよ!」
と、照れながらまくしたてるネバヤちゃん。

わ、わたしなんかのことをそんなに考えてくれて!
あああありがとうございます!
そういえば
鉄砲打ちの帰りに和菓子の話をしたわ!
おとうさまに「浅草みやげは是非和菓子で」って催促した!(コラ)
おととしくらいまでは、クラシックショコラばっかり喰ってた!
牧場絞りのラムレーズン、君の分も入れて3個完食したあとに、
やっぱ〆はダッツのラムレーズンだつって畳みかけたわ!真冬にアイス4個ぺろり。

こころがこもった贈り物とは、まさにこういうことをいうのだと
つくづく嬉しくなりました。

ハッピーバレンタインをありがとう!

Image755.jpg

あの、横暴な彼女でごめんね。。
やっぱりもうちょっと、良い彼女になるように、がんばろうと思います。。。
posted by 綿埃雪 at 02:07| Comment(2) | あくまで優しいネバヤに謝謝