2012年03月21日

アバターnot3D

アバター(映画)がテレビでやってたので
見ました。

「ねえさん」がふたりいらっしたのでネバヤちゃんとの会話が楽しかったです。
シガニーウィーバーは「姐さん」
ミシェルロドリゲスが「姉さん」
ナヴィ族のヒロインは「お嬢さん」
(ブルジョア直火焼きはネイサン!わからない方ごめんなさい、どうしても言いたかった。。orz)


ところでこういうポカホンタス系のお話って
(先住民族の偉いひとの娘さんが、他所者に恋をする系)
もともとの婚約者のひとに一番感情移入してしまうので
釈然としないまま話が終わります。
たとえ親が勝手に決めた関係だとしても、彼は、
伝統にのっとって誇り高くいるために努力もしているでしょう。
そこへきて横からかっさらっていく、よそもの。憎らしや。
ネバヤちゃんいわく、決まり切った関係よりは、外からの異文化のほうが魅力的に見えるものよ。
別にいいじゃない、堅いこと言わないの。とのことです。
まあ、ネバヤちゃんが言うなら、そういうことでいい。わたしこそがネバヤ廃。ふあははは!

でね、欠陥品のわたしは
ヒロインとのキスシーンなんかよりなにより、主人公が
マウンテン・バンシー(鳥みたいな翼竜みたいなやつ)とフィーラー(三つ編みのさきっちょ)をつなげるシーンがやばかった。
これR15とかじゃなくていいの?エロいけど?大丈夫?みたいな。
あのフィーラーってエロくない?
だってあんな便利でえろいもの、私にあったら、常にネバヤちゃんと繋ぎっぱなしにするけど。
むしろしない方がおかしい。
これを言ったらきっとネバヤちゃんは「ハア?」で終わるだろうがな!

私のえろ萌えの9割が
たったひとりとこころを通わせる、ということで占められていると
再確認できました。
ひどい感想だな。

前半はとってもおもしろかったです。
クロノクロスっぽいあの世界。動植物が、みんな、可愛いったら!
あの惑星の可愛さとねえさんふたりで、十分以上に観てよかったと思えました。

あとね、あのヒロインが、ときどき、主人公におおいかぶさって
シャーーー!って威嚇するでしょう。
な に あ れ !
羨ましいにもほどがある!ぎゃあああ!わたしもやりたいわ!わたしも猫みたいな顔して
猫みたいな牙があれば、そしてチーターみたいなあのナイスプロポーションなら
ネバヤちゃんをかばってシャーーーー!ってやったるわ!
ほんと羨ましい!きいい!
久しぶりにキャラに嫉妬心をあおられました。

あーあ。

正直に言えば、映画館に行けばよかったかもしれない。くっ。
posted by 綿埃雪 at 00:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
最近、3Dモノの映画を見た中でアバターは映像に迫力とキレイさが
秀逸でした。特に奥行きのある映像はキレイでしたね。これは是非
見ていただきたいです。勿論ネバヤさんをフィラーで接続して頂き
グルングルンと空を飛んで欲しいです。
Posted by 小僧 at 2012年03月21日 17:22
小僧さん

映画館でちゃんと3Dで見ると、すてきだったんですねえ!テレビだったので飛び出無くて残念でした。。
ネバヤちゃんからは、繋ぎっぱなしに、しねーよ!とツンデレな回答をいただきました。(´・ω・`)
Posted by ユキ at 2012年03月22日 12:01