2018年04月18日

向かい合ってご飯

今年はネバヤちゃん強化年間です。
ネバヤちゃんはジムを4月でお辞めになり
もっとささっと行けるジムを探すのだそうです。
それか、私と一緒にホットヨガに行くのです。行けるかな?
ネバヤちゃん「壁に頭と背中と肘をくっつけて、手を上にあげます。60度くらいまであがればよろしい。」
わたし「あがりません。」
ネバヤちゃん「わたしもあがりません。肩甲骨の体操をします。」
ということで、肩甲骨の体操をときどきしています。会社でもやります。
ネバヤちゃん「肩甲骨のあたりが、いたたたた」
わたし「腕の内側が、いたたたた」
ネバヤちゃんが不思議そうにしていました。


私「ネバヤちゃんが足りません」
ネバヤちゃん「もう足りてるもん!ぴすぴす」
という根深い問題がありまして、それを解消するためにネバヤちゃんが
ふたりの時間をたくさん取ってくれることになりました。
晩御飯もテレビを消して、ダイニングはおいおい買いますが
向かい合って食べるのです。
それを連日試してみてるのですが
とってもいいのです。これはこれは。。!よい!

ネバヤちゃんが足りてるとカリカリしなくて済みますし
ネバヤちゃんとお話するの嬉しいし
ネバヤちゃんとハグするともっと好きだなーってなりますし
ネバヤちゃんの優しさも素直に受け取れて「ありがとー!」ってなりますし
いいことだらけです。

これがずっと続けばいいのに!
posted by 綿埃雪 at 17:30| あくまで優しいネバヤに謝謝