2008年04月18日

あうんのこきゅう

阿吽の呼吸、という言葉が好きです。

お互いにそうなるよう願って培った、しっとり重い信頼と

あとほんのすこしセクシーなかんじがする、と勝手解釈。。。

(本来の意味合いからはズレていますね。。お許しをば。。orz)

私も、ネバヤちゃんの

スーパーのレジで並んでいる時にぽけ〜っとしているとこ

しかめっつらでおならをするとこ

美味しそうにビールを飲むとこ

真剣そのものでゲームをしてるとこ

そういうところがとても愛しいのです。

なんてゆうか私のほうこそ、ネバヤを精一杯大事にしなきゃです。
自分にはもったいなすぎる。あああもったいない。でも離さないぜよ☆

幾分かの余計なリスクを踏み越え、私を選んでくれてありがとう。

ネバヤの立場と気持ち、曲がりくねって寄り道しながらも考え続けています。

ネバヤにわかる言葉で、ネバヤが満たされる作法でもって
大事にするのが本当なのに
つい自分の流儀で接してしまって、ごめんね。
まだまだふつつかものですが
生きてるかぎり、ネバヤにしあわせを贈りつづけたいな。
こういう気持ちは阿吽の呼吸で持ってると思ってます。

ネバヤちゃんの、おおきくて深い気持ち、ちゃんと知っているよ。
私、ネバヤと一緒にいるのが

すっごくすっごく幸せだよ!

posted by 綿埃雪 at 00:00| 古い日記