2007年06月22日

あの、胸のでっっっかい!姉妹さん。

もし。
もしもです。
彼女たちどちらかの胸に、顔をうずめられるならば
お姉さんか妹さんかどちらが希望か?
という話しになったのです。

ネバヤは断然妹さん。
私ははじめお姉さんと言ったのですが、
(お姉さんを選んだほうが、勢いあまってなにかしちゃってもあまり気にしなさそうだったので。。)
「妹さんのほうが大きいんだよ☆」
とネバヤに囁かれて
あっけなく妹さん派に転向。。。★

おっぱい星人のネバヤには敵いませんが、わたしもかなり好きです。。。!

ネバヤは、体型をぼかすような服装が好みなのですが
そのなかに隠されているからだは、それはもう、素晴らしく綺麗なのです。
古代ギリシャの彫刻たちだって、ネバヤには負けます。
わたしの理想の体つきなのです。。。じゅる☆

そしてね、胸がね、美乳なのです。美しいの(>_<)!!!☆☆☆

やっぱ胸は、ある程度大きさ(ずっしり感)も大切だけれど・・・一番重要なのは
たたずまいだと思うのです。
・・・あ・・・てゆかよく考えたら、好きな人の胸ってそんなこと関係なく好きになります。。。ね。
だから好みなんてあってないようなものですが、でも
色香をしっとりと纏わせているような、けれど濃厚過ぎない雰囲気の胸が好きなのです。
で、ネバヤはばっちり私の好みな胸なのです。

ネバヤのからだにキスするときなんか、あんまり綺麗でセクシィなので、くらくらしちゃいます。。。★
ネバヤにさわってよいなんて、信じられないくらい幸せ!

うー。一方私は貧乳ですが。
でもネバヤとお付き合いしてからだんだん大きめになってきたのです。
ネバヤが大切に育ててくれたおかげに違いありません☆

posted by 綿埃雪 at 00:00| 古い日記