2018年09月14日

痴女じゃないよ

乳の話1
こないだはネバヤちゃん、会社にいる老人に仕事を邪魔され「介護だった。。」とお疲れでいらっしゃいました。
そのあとわたしが、ウオノメが足にできたかもしれないとネバヤちゃんに訴え、その話の流れでお風呂に入ろうとして半裸になったら
先にはいったネバヤちゃんのバスタオルが置きざりにされていたのでそれを干すついでにもう一度ウオノメの話をしようとネバヤちゃんに近づいたところ
おもいっきり見つめられた(睨まれた)のでした。
ネバヤちゃん「なんでおっぱい見せつけてくんの?」
わたし「退散!」
しかしお風呂からあがってやっぱり半裸のときにネバヤちゃんが「フクロウに擬態するガがいるんだよ!見て!」と嬉しそうに画像を見せに来たのですがそのときはおっぱいに言及されなかったので
あとからネバヤちゃんに「わたしのおっぱいはウオノメ以上 ガ以下ですね」と冗談で文句を言ったら笑ってました。
蛾の話をしにいったときは自分から近づいたのでおっぱいは見て見ぬふりをしたのですとフォローしてくれました。

乳の話2
腕を組んで歩いているときに、もう片方の手は買い物袋を持ってたりして不便な状態で、腕組んでるほうの手で顔についた髪を払ったりするのですが、そういうときにネバヤちゃんが「わっ」とおっしゃるのです。
「えっ」てなるとネバヤちゃんが「いまおっぱい押し付けてきたでしょ」ともっともらしい顔をなさるのですが。
してないよ!わざとじゃないよ!

総括
ネバヤちゃん「乳を押し付けてくるし、見せつけてくるし、パンツはひらひら!」と言いますが
不可抗力と誤解とネバヤちゃんが選んだパンツですのでね!わたし悪くないよ!痴女じゃないよ!

ブリーダーさんとこの出戻り子犬の貰い手が決まらないのです。中途半端に成長しちゃってるからなあ。心配です。
posted by 綿埃雪 at 14:15| 日記