2018年05月17日

無理しないふたり

「あそこの友人カップルなんてほんとちゃんと生きてるからね。」
ネバヤちゃんが言いました。
ネ「うちらやばい」
ユ「えっ」
けっこうちゃんと生きてると思ってたのに、そうでもないらしい。
ネバヤちゃんが言うにはうちらは無理するのやめようみたいなところがあるから、頑張らない屋さんなのです。けっこう底のほうです。
わたしが友人カップルのバディ感をうらやましがったのが発端です。
ネバヤ「うちらはバディ感出せませんね。私が旗振りしてなんかやって、ユキちゃんが後片づけしながら付いてくる感じかな?」
ユ「そっか。でもそれもいいなあ。」
ネバヤ「うちらは公平ではないのです。歳の差だし。わたしお金関係うといし。」
ユ「またまたー」
年に1回しか銀行行かないって謙遜するけれど、銀行の窓口なんて年に何回も行くところじゃないし、ちゃんと納税義務を果たしてきてくれるのだから立派なものです。
ネバヤちゃんは立派なのにわたしの怠けものなところが足を引っ張ってうちらを頑張らない屋さんにしているのでは?!
もうちょっと頑張ろうかな。とりあえず世界遺産検定の申し込みをしてこなくちゃいけないわ。

そう、ネバヤちゃんを褒めようとしたら謙遜してそしてちょっとおこなのです。
ネバヤちゃんを褒められないと死ぬのに本人に断られるの困る!!!
褒め方が下手なのだそうです。褒め上手になるのはどうしたらいいかしら。

こないだネバヤちゃんがくまさんポーズをやってくれました。可愛い!!!かわいい!
両のお手が、くくっとして可愛い!
posted by 綿埃雪 at 12:19| 日記