2018年04月09日

11終わって3始めました

ドラクエ11はマヤちゃんを救うターンを延び延びにして
ネドラを倒しました。
前回は、ある意味ニズゼルファより強いとかどこかに書いてあったので
びびってスルーして終わったのですが
今回やってみてわかったことは、セーニャがいればだいたいのことは平気だということです。
きらきらぽーん最強だな!それからロウのマホカンタとグレイグのスクルトとマジックバリアで固めてたら
魔法攻撃をされませんでした。バフがばれてる。
やけつくいきで麻痺させてくるのでそれを防ぐためもあってバフをかけまくっていたら
ネバヤちゃんに、「バフ〜↑、デバフ〜↓、バフ〜↑、デバフ〜↓って遊んでるんでしょ。ちゃんと戦いなさい!」
と言われちゃいました。
勇者はひとりでちゃんと戦ってましたよ。他の三人はともかく。ネドラは、ほぼ勇者がひとりで倒しました。
途中でベホマズンもしてくれた。勇者かっこいいな!さすが頼りになるな!
ボス戦ではカミュはあんまり入れません。回復できるひとで固めたいのと、なにより彼の守備力の問題だ。
雑魚戦でたんまり活躍してくれてるからいいのです。適材適所。
レベル上げも素材集めもカミュがいなきゃはじまらないよ。
オリハルコンはちまちま集めてます。
勇者の剣は今回は新しく作らないことにしま。。した。
ウマレースがやっかいすぎるんだ。。。

ネルセンの秘伝書でグレイグをちょっと強化しました。
ロウもちょっと強化しました。

そしてやっとマヤちゃん助けて
ニズゼルファ倒しました。
ネバヤちゃん「マヤを嫌いなの?なんなの?」
わたし「いやなんとなく後回しに。。。」

ニズゼルファ、音楽がゾーマのときの音楽(たぶん)で、わああってなりました。
ラスボス怖いー!
でも勇者、グレイグ、ロウ、セーニャで危なげなく勝てたので
ロウがベロニカとかシルビアとかバイキルトできるひとでもよかったのかもと
思いました。
いてつくはどう、やってこないし。てっきりバフはかけても解除されちゃうと思っていたので
ラッキーでした。
途中でロウがなんどか眠らされそうになりましたが
スーパーリングとエルフのおまもりが効いてました。
作ってよかった。ふたつで眠り耐性40%↑だもんね。


次にやるのを迷っています。
ファミコンでVやろうとして互換機に挿したら画面がざあざあだったので
ネバヤちゃんが見てくれましたがやっぱりだめで
Tはなんだか気がそがれたし、Uはつらいってわかってる。
[は長いし、どうしよう。
もういっかい11をやろうかしら。縛りなしで。
2回目ははじめてから終わるまで半年かかりました。どんだけー。

11の北米版ではみんな喋って、勇者は喋らないけど呻くらしいですね。
もしそうならウルノーガに胸に手をねじこまれるところ、やばいって!
冒涜感が半端ないことに。


時を渡った後のカミュをどう判断するかという問題があって
ネバヤちゃん「別人です。経験がひとをつくるのよ。」
わたし「同じ人です。ベースの性格が一緒なら何を経験してもその経験の受け止め方が一緒だから。それに違う人だとしたら、顔も声もちょっとした仕草や口癖まで一緒なのに別の人ということになりそれだと勇者がとてもつらいので、それは、い や で す。」
ところでネバヤちゃん説だと、記憶喪失のカミュも別人ということになってしまって
攻めがひとりなのに3人格いるという謎の事態になってしまいます。
(この喪失カミュのことをしばらく、勇者を喪失したカミュだと勘違いしていました。記憶を喪失したんだよ。ばかだね私。)
記憶喪失くんをどうするかという問題もあり
そして
時を渡ったことをカミュに言うか、言わないか、言うならいつ?ということも大変なことです。

ぐるぐる考えてるけど、最終的には勇者が幸せなほうがいい、でもなにがいちばんの勇者の幸いだろう。

そういったことをネバヤちゃんにだーっと話したら、ちょっとうんざりされました。ごめんね!



この土日はネバヤちゃんのグラブルのレベル上げを頑張っていたのですが
晴れてランク101になったので
スマホでドラクエ3を始めました。
勇者、戦士、魔法使い、遊び人のスタンダード?なパーティです。賢者ふたりにしたいのです。
posted by 綿埃雪 at 12:57| ドラクエ関連