2012年10月03日

関内のほうまで

あるくんだぜー☆

※ごちゅうい※
のろけがくどいです。しかし、これは(というか常に)ネバヤちゃんに向かってのろけているのですorz※
※本人にも直接言ってますが本気にしてもらえないのでここに書くのですorz※


「いつも通らない道をいくよー( ´ ▽ ` )」
と、ネバヤちゃんが言いました。
それでは、大きなとおりから住宅街に入って
うねる道路をみちなりに進みましょう。海流に翻弄されるくらげのきもち。
ここを曲がると知らないエリアだねえ。


IMG_0274.jpg

信号待ちで、なめこを刈り取ります。んふんふ!(*´ω`*)
アプリに熱中するあまり、本来のなめこがどういう形状だったか、怪しくなってきました。味噌汁でぷかりと浮いてるきのこよね。

ほとんど知らないところを、夜行するときには
ランドマークタワーがその名において頼もしいのです。
迷っても彼が見えればだいたい現在位置がわかります☆

私 「海抜35mを越えたのでランドマークタワーを召喚」
ラ 「西に寄り過ぎている。その丘は迂回せず海側へ降りろ」
私 「ラジャ」
ネバ「わあ教育会館だ!でっかいマンションなんか建ってる☆ホテルもある(゚ ∀゚ )知らなかったねえ!」

途中でかすった藤棚商店街というところも
ぜんぜん知らなくて
今度はお昼間にこようねと約束しました。商店街だいすきなネバヤちゃん。かわいいなあ!!!
コロッケ売ってるといいよね。買い食いしようねえ(*´Д`)いいのよ、わたしはネバヤちゃんをいただ(ry

やっと桜木町手前にでたところで
すでにかなり歩いてます。足が疲れてきたような。。。
IMG_0276.jpg

きりんだよ、ネタになるよ。撮ってあげましょう(`・ω・´)と
ネバヤちゃんが撮ってくれました。きりん。。。

IMG_0277.jpg
うっかり視線が絡むと、ばっちこーんってウインクされそうです。怖いんです。
綺麗な夜景とかだと「おなかいっぱい」って顔してるのに
なぜこんな、へんてこりんなモノに興味津津なのかしら。
きらきらの夜景を睥睨して
「こんな光の洪水なんぞよりおまえさまのその無垢なこころのほうが、とおーっても綺麗です(ドヤァ」とか
やりたいのに!ぐぬぬ。
これを本気で言うと、
8割くらいは爆笑するor聞かなかったことにするネバヤちゃんですが
気分によっては乗ってくださいます。ありがとう。

IMG_0280.jpg

IMG_0281.jpg

店、閉まっちゃった。。。
建物の隙間で、お客待ち?な夜の蝶がひらりと立っていたようで
ネバヤちゃんが
「わわ、目が合ったけど、うちらレズだもんね、なんだか悪いね、せっかくあんなヒールで立ってるのに」
申し訳ないなあとくびをすくめて仰いました。

なにこの勇者属性 パネエわ 目に入るものすべてに 手を差し伸べずにはいられない、みたいな

きみのそういう性質、もんどりうって過呼吸になるくらい好きだけどさ、大好きだけど、
いつか詐欺師とかにだまされないように、きちんと見張っていないといけないですね。背筋がぴいんと伸びました。
(てゆうか、ほんとうに現実にこんな性格のひといるんだね。彼女なんだけど驚愕するわ。それならもうちょっと生きてみようかなっておもう厨二病はわたしです)

IMG_0283.jpg
なんか有名な通りらしいけど、スルー。酔っぱらいがたむろしてるんだから。ネバヤちゃんはこっち。

ここのあとは
伊勢佐木モールをさっさか抜けて
普通に帰りました。
手持無沙汰にしているホストくん集団がいると
「ぴゃああΣ(゚д゚;)」
物陰のホームレスに気づいては
「こわ。こわいよう。。。。゜゜(´□`。)°゜。」
酔ったサラリーマンが背後をとると
「ふぇぇはやく抜かしてください(´_`。)」

ネバヤちゃんが乙女のように恥じらうので
今考えると申し訳ないきもちでいっぱいです。
危険なところに連れ出して、ごめんね。わたしが100%悪かった。悪かった。。。!orz

ネバヤちゃん、付き合いたてはけっこう、がるるるって野性味残ってるかんじだったんだけど
この調子だと
あと10年以内に
正真正銘の天使になってしまうかもしれない。
透き通ってきたら。どうしよう。
posted by 綿埃雪 at 20:00| 散歩