2012年10月18日

横浜元町混乱記

カップルさんとお会いしたのです。

お誘いいただけて嬉しくって
お話したら素敵な素敵なカップルさんで
しあわせいっぱいになったのです。

しかし!毎度のことながら!!!
わたしが、もうほんと失言とかたくさn、すみませんっしたああああああorz

お話したいことたくさんあったんです。
二人暮らしをはじめられたということで
いろいろ。。。
レズのふたりぐらしあるあるとか。。。
タイバニの話しとか。。
探りを入れてOKそうならがんがん攻めるぜ!って
おもっていたころが懐かしい。。。。。

じぶんの駄目っぷりを思い出しては、恥ずかしさにのたうちまわる数日でした。。。パトラッシュ(o_ _)o))

たくさんお話してくださって
おおおおお土産までいただいてしまって(土下座)
朝方まで拘束してもまた会おうねと言ってくださった
やさしくってかっこいいレズは
下弦珊珠の圭さんあきらさんカップルです。

圭さんはイメージどおりに、しっかりちゃきちゃきなさってて
あきらさんはクールな方かとおもいきや、ぽわんってなさってて

あの
あのあの

こりずに、また、遊んでくださいませ。。。!!!orz


ふたりで一緒に生きてくよーっがしっ(組手)ていう抜群の安定感のカップルさんとお話できて
あらためて気合いが入りました。
圭さん、あきらさん、

ありがとうございました!


ところで、元町のフードフェスタ行ったんですが、結局サブウェイで食べたよ。。つまりフェスタのものにはありつけなかったよ。もとまちーちょっとおおお。県外から来てくださってるかたもいらっしゃるんですけど!!!圭さんとあきらさんが、なんにも買えていらっしゃらなかったらとおもうと気が気じゃありませんでした。食べれはって、よかった。。。(*´ω`*)
posted by 綿埃雪 at 20:39| ビアンのすみっこのほうの話

2012年10月10日

ねむりのもりの

ネバヤちゃんが寝てるあいだって退屈な時間だったんです。
起こしたら駄目だし、たまーに喋ったとおもってもそれは私に対して話しかけたのではなく寝言であるし。。。
おなかが、くるっちゃぽぽん!とか鳴っても
わたし 「やあい変なおなかの音ー( ´艸`)」
ねばや 「しっけいな!いますぐネバヤのおなかに謝ってください、ヽ`(~д~*)、ヽ`!!」
とかできないのです。。。

だいたい、寝ている身体なんてものはですね、すこーし不気味なんです。
意識が無いから外殻みたいだけど
寝返り打って、ものも言うの。抜け殻のくせに。
ほんとうに、そこに横たわる身体は私のネバヤちゃんなんです??
そんな、こちら都合な保障はいったいどこにあるんです?

。。。。(´・ω・`)。


でもネバヤちゃんは、寝ているわたしを気にいってくれているらしくて
まあふつうはそうやって恋人の寝顔を愛でるわよね薄い本でも王道だわ
おのれは心が狭い(~д~)って困ってたんです。

そうして数年を経たころに
熟睡状態のネバヤちゃんのほっぺたをさわったら、ら!、
すりって
あたまを擦り寄せてくださったのです。

。。。。
いやいやいやどうせ寝返りだ。確認のためにもういっかい。さわっ。
すりりっ。

 w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

もういっかい!もういっかい!
けっこう強めにぐりぐり撫でてみたりもしたんですが
嫌がるでもなく、ネバヤちゃんのあたまと枕の隙間にわたしの手を引きこんでくれて
そのままずーっと爆睡してました。

なるほどこれは私のネバヤだ

そういうわけで、いまでは私も寝ているネバヤちゃんを愛でられるようになりました。
気分によってはやっぱりつまんないですけれど。
ネバヤちゃんの眠りの具合がわるくても、撫でた手をぺしってはたかれたりします。

でも眠っているネバヤちゃんさえ手に入れたみたいにおもえて
だいぶん有頂天になっております。どやあ!わたしの!ネバヤちゃんの外殻までもが!うふふふふ!




さんざん寝てる話しといてなんですが、
起きてるネバヤちゃんの画像を張っておきまする。
IMG_0151.gif
posted by 綿埃雪 at 20:00| ネバヤを愛でる

2012年10月09日

連休

ただの日記であります。

土曜日はネバヤちゃんの実家に行ってひたすら眠って
起きて
ごちそうをぱくぱく食べ
また眠り
帰ってきました。
ひとん家のリビングでなにをやっとるんじゃ。だってネバヤちゃん家の絨毯ふかふかなの。
いつも、ありがとうございます!!!。。。。orz

理由もなくへろへろになっていたので
ネバヤちゃんにとっても気を遣わせてしまいました。すみません。。。すみ。。すみま。。。。。(o_ _)o))


日曜日は
幼馴染と池袋で遊んで映画みてきたった!はーはーはー!タイバニだよっ。
つきあってくれてありがとお!可愛い可愛いあの虎が観れておなかいっぱい満ち足りた!
お礼に今度は、まどマギ観に行こうという流れになりました。おういえ☆

月曜日はずっと寝ておりました。寝過ぎだよ。
ネバヤちゃんと、ちょろっとだけお散歩して、小さいキャンドル買ってきたけれど
入れ物がないので
ちいさなお皿に入れたよお(*´∀`)
これはネバヤちゃんが生まれる前からネバヤ家に伝わる、由緒正しい小皿なのである。
その昔、お母様がこれと揃いの小皿に蟻を殺す薬を盛って、玄関に置いておいたりしてらした、
そんな小皿の一派なのである!
うちの虫も逃げ出しますように。アケミは許す。

IMG_0352.jpg
posted by 綿埃雪 at 21:41| 日記

2012年10月06日

誤解no.1とno.2の終焉

昨日、更新してやがるかな読んでやらんでもないぞ、とお越しくださった
あなたさま、翻弄してすみませんでした。。。連続更新はストップします。
えっ。見に来てなんかいらっしゃらない?じゃあ、じゃあいいんですうっ(´・ω・`)

単語の意味の解釈違いで揉めることがあるのです。
そして、付き合ってからずうっと、しつこく、埋まらなかった溝があるのです。
それがこないだ解決したので、自分のための記録です。

no.1
家族

うっふ!家族。なんという広大な語かしら!wwww
含まれるニュアンスが幅広すぎて、疲労困憊です。
わたしはこの幅が苦手で自分で使うときは「血が繋がってる/なんか法律でひとつのまとまりにされてる」くらいの使い方しかしないようにしているんです。たぶん。
つまり、ネバヤちゃんのご家族、とか。


対してネバヤちゃんは、臨機応変に使い分けます。大和撫子です。

マイナスイメージでの使用例
 なにかの不倫ドラマの話してて
 「夫婦がさー、恋愛の一番イイ時期が終わって家族みたいになっちゃって、別れるには情があるけれど、他所で恋愛しちゃうとかあるでしょう。」

プラスイメージでの使用例
 ネバヤちゃん家の家族のはなしをしてて
 「ほら、いつもは茶化してても、たとえ喧嘩中でも、ほかから粉かけられれば一瞬で団結するわけよ。だって家族だもん。」

そこからの、
うちらの恋愛関係について
 「もう家族みたいなもんでしょう。恋愛初期の浮かれたかんじは無くなったねえ。」

(´・ω・`)えっえっ。どっちの意味で使ったのかわからない。むむ。(´・ω・`)


ネバヤちゃんは、とっても器用なので、そして職業柄もあって、
自分の価値観とは切り離して
「一般的にそうおもわれている」ということを
自分の信念とおなじテンションでお話できなさいます。
ネバヤちゃんのいま言ったことは、確固たる信念なのか/ただの世間話なのか。
それを嗅ぎわけるのは私の腕前にかかっております。
そうしてぼくはいつもしくじるんだ( ´_ゝ`)

。。。喧嘩の火ぶたが切って落とされ、ネバヤちゃんは悪くないのに謝るはめになるのです。。。
(こんな彼女願い下げだって自分が一番おもってますうぅああああ俺がタヒね)

まとめますと、
不倫ドラマのときの【家族】はネバヤちゃんの信ずるところの【家族】ではなく、ただの世間話。
ネバヤちゃんのご家族のときの【家族】がネバヤちゃんにとって正真正銘の【家族】。
だから
「うちらは家族だね」
というのは
ネバヤちゃんからの希少価値の高い甘えであった。と
そういうわけなんです。

。。。
。。。。。。
書いてみたら、なんか、わかったかもしれないです。。。
ごめんなさい。


この誤解については、あるときネバヤちゃんが
「家族って言わなきゃいいんでしょ!!!!じゃあ相棒でいいのかコルァ!!!!。゜゜(´□`。)°゜。」
と叫びなさって
わたしのなかですっと腑に落ちたので
それ以来、家族に由来する喧嘩はぴたりとやみました。

ネバヤちゃん【家族】→ 深い信頼で結ばれている。えろ関係は希薄 ←【相棒】ユキ


no.2
恋人っぽい

これは千変万化しますので
いちいち、?ってならずに
ネバヤちゃんが使ったまま受け取る。
ネバヤちゃんのなかで、良い意味も悪い意味もあるようです。
【家族】とコンボで使用されるとよく戦争。。というかわたしからの一方的な空爆になってましたが
そっちが解決されたので
もういいです。

ネバヤちゃん、いままで

ご め ん な さ い。



許してくれてありがとう。
posted by 綿埃雪 at 07:44| あくまで優しいネバヤに謝謝

2012年10月04日

すっぱい

梅干しをつまみにするようになって
はちみつ入りとか
減塩とか
いろいろ買ってみてたんですが
定番には、凶悪に酸っぱいやつが選ばれました。

毎夜
「すっぱい!!!!!」
「あーーーーーすっっっっぱい!!!」
と悲鳴をあげながら食べるネバヤちゃんです。
やめればいいのに。。。と思わなくもない。

しかも、酸っぱさに耐えられなくなってくると
ネバヤちゃんがわたしの口にその梅干しを押しこめてくるのです。

PCと向かい合っていると、問答無用に突っ込まれる果肉。
酸っぱくて顔がゆがみます。
ぎゃあああと呻きもします。

そんな私を見て
にっこり
きらりん 
ふわっ☆.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・゚`☆.。・:☆
菩薩のように穏やかに微笑まれるのです。
なかなかお目にかかれない、極上の笑みです。

くちのなかでは、酸味が暴れまわっているけれど
わたしは
わたしは
ネバヤちゃんのその微笑みが欲しい。。。っ!!!!はあはあはあ

もっとこっちを見て笑ってネバヤちゃん!
うれしいなあ。なんてしあわせ。

そして、所詮は酸っぱ味。ほどなく慣れてきます。
「慣れてきたみたい、かけらだとあんまり酸っぱくないわ」
と言ったら
ネバヤちゃんがすいっと目を細めて、ひとこと「ほほう。」

なんていうか、見限られたくなくて期待に応えたくて、すぐさま一粒まるごと頬張りました。ええ。
すっごく酸っぱかったです。
涙目になったわたしに、
ほわわっ☆.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・゚`☆.。・:☆
とほほえむネバヤちゃん。
じわっとからだに広がる充足感。

もう明日にでも、わたし一人だけで新しい扉をひらきそうな予感がします。。。
この梅干しの遊び。。。
依存性が高い。。。
posted by 綿埃雪 at 20:00| ネバヤを愛でる

2012年10月03日

関内のほうまで

あるくんだぜー☆

※ごちゅうい※
のろけがくどいです。しかし、これは(というか常に)ネバヤちゃんに向かってのろけているのですorz※
※本人にも直接言ってますが本気にしてもらえないのでここに書くのですorz※


「いつも通らない道をいくよー( ´ ▽ ` )」
と、ネバヤちゃんが言いました。
それでは、大きなとおりから住宅街に入って
うねる道路をみちなりに進みましょう。海流に翻弄されるくらげのきもち。
ここを曲がると知らないエリアだねえ。


IMG_0274.jpg

信号待ちで、なめこを刈り取ります。んふんふ!(*´ω`*)
アプリに熱中するあまり、本来のなめこがどういう形状だったか、怪しくなってきました。味噌汁でぷかりと浮いてるきのこよね。

ほとんど知らないところを、夜行するときには
ランドマークタワーがその名において頼もしいのです。
迷っても彼が見えればだいたい現在位置がわかります☆

私 「海抜35mを越えたのでランドマークタワーを召喚」
ラ 「西に寄り過ぎている。その丘は迂回せず海側へ降りろ」
私 「ラジャ」
ネバ「わあ教育会館だ!でっかいマンションなんか建ってる☆ホテルもある(゚ ∀゚ )知らなかったねえ!」

途中でかすった藤棚商店街というところも
ぜんぜん知らなくて
今度はお昼間にこようねと約束しました。商店街だいすきなネバヤちゃん。かわいいなあ!!!
コロッケ売ってるといいよね。買い食いしようねえ(*´Д`)いいのよ、わたしはネバヤちゃんをいただ(ry

やっと桜木町手前にでたところで
すでにかなり歩いてます。足が疲れてきたような。。。
IMG_0276.jpg

きりんだよ、ネタになるよ。撮ってあげましょう(`・ω・´)と
ネバヤちゃんが撮ってくれました。きりん。。。

IMG_0277.jpg
うっかり視線が絡むと、ばっちこーんってウインクされそうです。怖いんです。
綺麗な夜景とかだと「おなかいっぱい」って顔してるのに
なぜこんな、へんてこりんなモノに興味津津なのかしら。
きらきらの夜景を睥睨して
「こんな光の洪水なんぞよりおまえさまのその無垢なこころのほうが、とおーっても綺麗です(ドヤァ」とか
やりたいのに!ぐぬぬ。
これを本気で言うと、
8割くらいは爆笑するor聞かなかったことにするネバヤちゃんですが
気分によっては乗ってくださいます。ありがとう。

IMG_0280.jpg

IMG_0281.jpg

店、閉まっちゃった。。。
建物の隙間で、お客待ち?な夜の蝶がひらりと立っていたようで
ネバヤちゃんが
「わわ、目が合ったけど、うちらレズだもんね、なんだか悪いね、せっかくあんなヒールで立ってるのに」
申し訳ないなあとくびをすくめて仰いました。

なにこの勇者属性 パネエわ 目に入るものすべてに 手を差し伸べずにはいられない、みたいな

きみのそういう性質、もんどりうって過呼吸になるくらい好きだけどさ、大好きだけど、
いつか詐欺師とかにだまされないように、きちんと見張っていないといけないですね。背筋がぴいんと伸びました。
(てゆうか、ほんとうに現実にこんな性格のひといるんだね。彼女なんだけど驚愕するわ。それならもうちょっと生きてみようかなっておもう厨二病はわたしです)

IMG_0283.jpg
なんか有名な通りらしいけど、スルー。酔っぱらいがたむろしてるんだから。ネバヤちゃんはこっち。

ここのあとは
伊勢佐木モールをさっさか抜けて
普通に帰りました。
手持無沙汰にしているホストくん集団がいると
「ぴゃああΣ(゚д゚;)」
物陰のホームレスに気づいては
「こわ。こわいよう。。。。゜゜(´□`。)°゜。」
酔ったサラリーマンが背後をとると
「ふぇぇはやく抜かしてください(´_`。)」

ネバヤちゃんが乙女のように恥じらうので
今考えると申し訳ないきもちでいっぱいです。
危険なところに連れ出して、ごめんね。わたしが100%悪かった。悪かった。。。!orz

ネバヤちゃん、付き合いたてはけっこう、がるるるって野性味残ってるかんじだったんだけど
この調子だと
あと10年以内に
正真正銘の天使になってしまうかもしれない。
透き通ってきたら。どうしよう。
posted by 綿埃雪 at 20:00| 散歩

2012年10月02日

ベイクォーターのうらのほう

しつこく散歩のはなしです。こないだ、ネバヤちゃんに
「も。。っ。。もう。。。夜の散歩は。。飽きたよおお(´□`;)ふえぇ」
て泣かれたので
そろそろやめてあげようとおもいます。ふっ。

まず
宇宙船が着地に失敗して、ぶっささっちまったみたいなフジゼロックスの交差点を目指します。
IMG_0250.jpg

途中でネバヤちゃんが「コンビニ行くの」と仰るので目についたコンビニにひょいと入ると
三井ビルの一部でした。
IMG_0251.jpg
がらーん。このスペースなにするとこなんだろ?
ここの鉄道模型博物館、オープンしたようなので、そのうち行こうねえ。
IMG_0252.jpg
裏手には謎のオブジェです。
こういう、企業ビルの裏のぽかっと空いたスペースが好きです。
横浜にはあんまりなかったので、うれしいなあ。

IMG_0253.jpg
これは日産ビルからずーっと伸びている歩道橋です。
歩道橋も、だいすきなの!!!
なんでもないような歩道橋で、じっっと車道を見下ろしていると
気味の悪いひとになってしまうけれど、
ここでそれをやってもただの夜景を眺めてるひとだから。おk。

この散歩では風が全方位からぼっふぼっふ吹いてて(ハイハハーーーーーイ!!)
ほとんど店が閉まってるベイクォーターをちょろっと見るだけで
すぐ帰ったのです。
「雑貨屋さんとか見たかったのに(´・ω・`)」とネバヤちゃん。
お店ね。。。23時までとか、やってないから。。。夜の散歩はそれが残念だねえ。

IMG_0255.jpg
ネバヤちゃん、
ほうら、ほうら、まるでゴリアテがぶつかってきそうなビルだよー☆
すれ違いざまにかっさらえ!だよー(*´∀`)

IMG_0258.jpg
この建物、常日頃からぴかぴかきらきらしてるんですが。なんだろう。知らない。。。
でも明るいので治安がいい感じがして、ネバヤちゃんがここに差しかかると安心なさるのです。
ありがとう。ぺこり。

IMG_0259.jpg
この橋のあたりで、でっかい鯉やトビウオが、派手に跳びます。
ネバヤちゃんと夢中で待ち続けたことがあります。
つぎはもっと大きいのがくるかな!もっと高く跳ねるかな( ´艸`)わくわく☆
ネバヤちゃんはお魚にまっしぐら。わたしはネバヤちゃんが気をとられているうちにぺろぺろはすはす。撫でり。
「いまお魚見てるの邪魔しないで( ´_ゝ`)」
「すみません」

IMG_0257.jpg
ここ、たぶんマンションのロータリーなんだとおもうんですが
オブジェがぐいぐい来るんです。
青、黄、白の積み木みたいな彼らです。
丑三つ時に、よく通る声で「やあ今日は台風だね」「枝が飛んできたよ」とか
お話していそうです。
犬がちっこかけても「こんにちは!」とか言って。
背筋が伸びてるからかしら。爽やかそうだなあ。
posted by 綿埃雪 at 20:00| 散歩

2012年10月01日

富士山

だいぶまえの連休に、お姉さまご夫婦が富士山のふもとに連れてってくださいました。
ありがとうございます。今年は特にたくさん連れてってもらったです☆
ネバヤちゃんが楽しいところ書いて残してくれたので、こちらは蛇足です。


--前日--
前の日は、猫さまたちと遊ぶ日です。うふふ。
だいぶまえにネバヤちゃんが
「このクソビッチがドラクエからタイバニに乗り換えやがって」と
お姉さまにバラしちゃったんですが
覚えててくださって、
ピザ食べるついでだからとキャンペーンにのっかってくださいました。。。
ドラクエのくじのときも、ほんとに、ありがとうございます。ちゃんと飾ってありますううう。゜゜(´□`。)°゜。
ということで、ゲットおおおおお☆.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・゚`☆.。・:☆ひゃっはあ☆.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・゚`☆.。・:☆

P1000645.jpg
うふふ。しあわせ。あとで、こっそり聞くんだー(*´ω`*)

晩御飯は、ネバヤちゃんとお姉さまの合作です。わたし。。。うん。。。いつもね、手伝ったほうがいい手伝うべきだって。。おもうよ。。。思うだけだよ。。。
美味しかったです!
IMG_0128.jpg



--ねこさま--

そして猫さま。猫様のターン。。。ネバヤちゃんモテモテ。。。いいんだもん。。。
P1000646.JPG
以前ネバヤちゃんがカラになったティッシュ箱の中に、次のティッシュのべりってはがすあの、楕円形の、蓋?、を
丸めて入れて
からんからん!と白ちゃんの気を引いていたことがあったので
真似してみたんです。
お兄ちゃん猫、気にいってくれるかしら★わくわく☆
そうしたら、すこしだけ、遊んでくれました。えへ!
P1000651.jpg

白ちゃん、ネバヤちゃんが撮るとこんなにきゃるるんってして。。ネバヤちゃんはわたしの彼女さんですからね。
ちょっと?!誘惑はやめてくださ。。。!ああっ、もう、すっごく可愛いこの白いの!!!!許した!
IMG_0078.JPG



--しゅっぱつ--
ちょっと早めの5時起きです。6時前に出られたらいいよ、とのこと。。
お空がきれーい!ねむーい。。。
ネバヤちゃんは恒例の寝不足で意識が飛んじゃってます。あふ。
IMG_0123.jpg
どんどん夜が明けるの(`・ω・´)この時間帯だいすき!
IMG_0124.jpg

高速道路もするする進みます。あっという間に見えてきた海老名SA、すっ飛ばします。なんにもお店やってないんだ。早朝すぎて。。。
IMG_0133.JPG
ずいぶん富士山が近づいてきたので、ちょっと休憩です。お疲れ様であります!キリッ
日差しは強いけれど空気はひんやりでした。

その後もびゅんびゅん進みます。おおおおにいさま、時速がおっかないことになってるみたいです。。。Σ(´□`)
ドドンパより早い?って言ったら、それはないwwwとネバヤちゃんになだめられました。(ドドンパは172km/hくらい?)
一般道におりると、景色を眺める余裕がでてきます。
富士山を激写するネバヤちゃん。可愛い★なんでこんなにいちいち可愛いんだろ。なんなの。
IMG_0136.jpg

そのほかにも、稲穂が金色だ〜って喜んで撮ってたり

P1000657.jpg

変な植物を発見したり

P1000659.jpg

P1000660.jpg

それは、それは、いっしょうけんめい、撮りなさるのです。この、無防備な背中。。!わたしこそがお守りせねば!!(`・ω・´)

IMG_0142.jpg

--富士山のふもと--
霊験あらたか神社に連れてってくださったのですが
怖くて怖くてぶるぶるしてしまいました。KYすぎた。。。
すみません。。。反省していますorz。。
かみさま。富士山くらいでっかい山だと、マジで八百万くらいかみさまがいらっしゃるかんじします。。
IMG_0139.jpg
ネバヤちゃんがなにかの隙に撮っていた、唯一のくっきり富士山。

五合目には行けなかったですが
そのヤケクソ撮影会は楽しかったです。
こんもり樹海。
IMG_0138.jpg
ひろびろ原っぱ。
IMG_0145.jpg
きりかぶ。そしてきりかぶ。
IMG_0149.jpg



--鳴沢氷穴--
氷穴の手前の道の駅みたいなところで、ちょっと休憩してからいきます。
ティラノ。。。?
P1000670.jpg

お日様がさんさん照ってきてかなり暑いですが、氷穴は涼しいらしいですし、元気だすよ!
並んでるときに、前回の霧が寒い事件をふまえて、しつこくマフラーを勧めたらへそを曲げちゃって
「ぜったい、ぜっっっったいに、それを着ないんだから!」と
言わせてしまいました。
まずった。。。ネバヤちゃんに強く勧めるとどんなに必要でも受けとってもらえなくなるのです。
たまに、根負けして受け取ってくれることもあるけれど勝率3%くらい。。。わたしの未熟者め、ヽ`(~д~*)、ヽ`
入り口のあたり。
IMG_0180.jpg
そっと冷気があがってきます。涼しくってここちよい。
IMG_0182.jpg
トンネル手前の岩たち。苔が可愛いんです。見えないけれどっ。。
もうずいぶんひんやり。上着をはおります。
P1000682.jpg
P1000680.JPG

きいんと涼しくて、からだがぽかぽかしてきます。
洞窟なので声がわんわん響きます。
じめっと湿って足元がぬるぬるします。
氷穴!氷穴! ( ゚∀゚)彡
この↑写真、ネバヤちゃんが撮ってくれたんですが
ちょうどシャッター押したタイミングでコウモリがばさささってネバヤちゃんの肩をかすめて飛んでいったので
ネバヤちゃんがめずらしく「ぅおわっ」と本気の悲鳴をあげなさりました。うーん。いい声。

氷穴から出たおもての世界はむわむわ暑くて、「夏だ」「ぜんぜん秋じゃない」と
体表の季節が混乱したりしました。

--お昼ご飯--
食べすぎてしまって
しょうじき
記憶があいまいです
。。。。
高原ビールが美味しかった☆
茶色&白の毛並みで真青な瞳のボーダーコリーを見かけました。不思議な色あいでした。

--おわり--
いつも、毎回、ずうずうしく、帰りの車でごうごう眠ってすみません。。。。
ネバヤちゃんは、盛り上げていたなあ。
おにいさまの、聞きサイレンがおもしろかったです。
パトカー白バイ消防車を聞き分けはるのは序の口で、パトカーのなかでも何種類かあって、それも
ばちりと言い当てておられました。
お姉さまが「わたしも聞き分けられるようになったよ」と仰っていて
仲良しなご夫婦であるなあと、おなかがあったかくなりました。。なんと素敵な。

しかし毎回、次の日に襤褸雑巾のごとく
べちゃりと横たわり、起き上がれなくなるのはそろそろやめたいの。体力付けないとなあ。
うふふ、そう、パルクールって楽しそうですね。無理ですけど。
posted by 綿埃雪 at 20:00| 日記