2012年06月01日

殴り書きを改めました

結局5月中には終わらなかった部屋の大改造です。
あとね、机を頼んだので、それを組み立てて
古い机と座イスを粗大に捨てられたら、あとは細かいことだけ。。。。カーテンぇ。。。。

ネバヤ猫の、活躍記録です。※まったくのただの記録です※

【ネバヤ猫、組み立てる】
同居人兼恋人が、都合勝手に注文する家具を組み立てるのは
ネバヤ猫の役目です。品目は、以下のとおりでございます。

1.洗濯ラック
防水パンやら排水ホースのサイズやらがいろいろ合わず、説明書どおりでなく、カスタム組み立てするはめに。特に、防水パンが左は壁にくっつき右は隙間があるというやっかいな事態になりまして、ラックのポールが左右で高さが違ってしまったところを、コルクコースターを加工して敷いて解決したところはさすが!のにゃんこです。脱帽。

2.玄関の小さなラック
これは1000円で買ったために、全体がなよっちくて。。
洗剤を置いたら、ぐらぐら ごろごろ していたのを
滑り止めを敷いてくれたことで安定しました。わお!
いまは、ビールの買い置きも受け止めて、ずしっと玄関に構えております。

3.靴置くラック
ラックが多いですね。安くて便利なので。
組み立てのさいごまで、ゆらゆら揺れてずれて、地味に大変でした。
支えてる同居人兼恋人は、手を離しちゃうし、ネジを蹴っぱくるし。もう。
そっち握って、動かないで!と、ネバヤ猫。しっぽを、ばん!

4.ソファベッドの梱包を解く
組み立てるのは、脚をつけるだけでよかったのですが
重くて(40kg)大きくて。指先をあわや挟むかということもありました。
この、しらうおのような手が血豆になったら、どうしてくれる!と、毛を逆立てて抗議するネバヤ猫。
いえ嘘です、ほんとうは、まんまるのお目目で驚いて、「重かった。。。」と言っておりました。

5.テレビ台
2列変形カラーボックスに、キャスターをつけます。
1列は、背板を無くしてFCX2(FC&SFC互換機)を置けるようにしました。
これでソファにだらんと凭れ座って、懐ゲーができます。
テレビ台に高さがあるので、見やすい☆
キャスターは、はじめネジで止めようとしたのですが
ネジが刺さらず、コクヨスコッチ3M(たぶん)の絶対に剥がれない両面テープで止めました。
ネバヤ猫、コクヨスコッチ3Mに賛辞をおくります。「感動した!」

6.スクエア収納ボックス
カラーボックスの一個だけみたいなやつの、扉付きです。
同居(略)は、「簡単そうだからわたしがやるー」と軽く挙手しています。
そして2分後、「猫、やってー」軽く押しつけてきました。
この軽々しい女は、それでも尻が軽くないことだけが、救いのようです。(自分で言うな!)
ネバヤ猫は、せっせせっせと組み立てます。お話する気力は、ありません。

7.本棚
幅90x高180のもの。安かったんです。しかし、口コミ欄にて「組み立て難解」「男子に手を借りるように」との注意喚起がなされておりました。
ネバヤ猫の同居(略)は、値段につられて、それらを見なかったことにしました。
そうして、どうなったかというと、
ネバヤ猫が一手にその分を引き受けます。
ネバヤ猫は汗だくです。
前髪が目にしみて、涙も出ます。木くずが舞ってくしゃみも出ます。けれどこの、抑えている左手を離すわけにはいきません。
腕もびりびり痺れてきました。
同居(略)が、ようやっとバランスを保たせている木枠のうえに、よっこらどすんと乗りあげました。
「ばかあああああそこに乗っちゃだめええええ」
ネバヤ猫は夢中で警告します。フーーッ!

【ネバヤ猫、あやまる】
くっそ同居(略)は、風呂上がりにアイスを食べています。「ネバヤも食べていいよー」とか言ってますが
それを買ってきたのはネバヤ猫です。
けれどさっきのことが、気になってそわそわして、アイスどころではありません。
一生懸命になりすぎて、強く指示を出して、ごめんね。。。。と謝るネバヤ猫。

だれが、どうみても、同居(略)がわるいと お も う よ !


【ネバヤ猫、ご飯を作る】
たくさん、たくさん、働いて
お腹も減ったのでごはんにしましょう。

同居(略)は、腹が減って死にそうだと、ソファで寝そべり、わめきます。(元気だなおい)
ネバヤ猫は急いでパスタを作ることにしました。
手先や うでが まだ疲れてぴりぴりしますが、包丁さばきは正確です。
時間配分は完璧です。あっという間に、ピーマンとソーセージと茄子のトマトソースパスタができました。
ネバヤ猫は、われながらこの手際のよさに嬉しくなって、ふふっと笑います。
脇っちょから、お皿のソーセージを横取りされているのですが
ネバヤ猫はニュースに釘付けで手元が御留守です。
あーあ、同居(略)がピーマンまでも、掠め取っていきました。

【ネバヤ猫、とことこする】
ラックのサイズに合わせて
ちょっとした、滑り止めとか、フックとか、カゴとか、そのようなものが
必要になってくるのですが
サイズを計り、メジャーを持って、100均一などをめぐるのです。
横浜から伊勢佐木町〜日出町。徒歩圏なので、日焼け止め塗って帽子かぶって。お散歩デートの趣です。
しかし、出発前からネバヤ猫の受難は始まっているのです。
同居人兼恋人が、待たせやがる。。。。忘れ物なんか、一生忘れてろ!
ネバヤ猫は、じりじりしつつ、しかしここで怒るのは流儀に反するとおもいなおし
さりさり毛づくろいなどして、こころを落ち着けます。尻尾の先まで、綺麗に舐めます。

夕立がくれば、傘を差し
カゴが気に入らないと言えば次の店へ足を伸ばし
はっと時計を見たら、出発して6時間ほど経過していました。
外はすっかり真っ暗です。商店街のネオンたちが、ぎらぎら勢いを増してきました。
「帰ろうか」
ネバヤ猫は荷物をかかえて、にこっと笑ってみせました。
いつもは凛としている肩甲骨も、いまは疲労でぐらりと傾いでいます。
むくんだ爪先でとぼとぼと、暮れる街を歩きます。
桜木町のあたりの裏手に出たときに
同居(略)が「わあ夜景きれい写真撮って!」とねだったので
ランドマークタワーから観覧車まで、きっちり画面におさめてあげました。
なんで 今 ?
ネバヤ猫は疑問におもいましたが、しっかり撮ってあげました。
でも、あのタイミングは、マジで、ないわー。同居(略)は後から思い出して恥ずかしくなりました。

【ネバヤ猫、観葉植物をさがす】
ネバヤ猫は、お世話をするのが、好きです。
経緯は問わず、うちにある緑はとっても可愛がります。
しかしその世話焼きが仇となってサボテンが死んだので
もとから、がっつり手のかかる子が良いということになりました。

20分ほど歩いたところにサカタのタネの店があるということを思い出し、
ネバヤ猫はひとりでお出かけです。
同居(略)は植物に興味が無いので、のびのびできます。
けれど悲しいことに、猫でありますから、普段のテリトリーと違うエリアでは
めっぽう方角に弱くなり、つまり道に迷ってしまったのです。
ネバヤ猫、しょぼんとしつつも ついでだからとニワトリを狩って、ケンタを手土産に家へ帰ることにします。

さて同居(略)は犬ですのでね、橇を引いたりしますのでね(`・v・´)
ネバヤ猫の手をひいて、サカタのタネの店まで行きました。
信号待ちで、あんまりネバ猫が可愛かったので、ほっぺにぺろっとキスしたら
いつのまにか後ろに居たノンケにぎょっとされました。ネバヤ猫、ご め ん !もうしません。。。

そうして選んだ植物が、ネバヤ猫のほうに載ってます。

うっふふふ。
でもこれで終わりじゃないんだ。。。
ネバヤ猫の受難はまだまだ続くんだ。。。

とりあえず、5月、おつかれさまっしたぁああ!ネバヤ!!!!
posted by 綿埃雪 at 00:09| Comment(5) | 日記