2010年06月14日

炎天下で満腹は瀕死の罠

ネバ嬢、今年が本厄なのです。
滅多矢鱈とついてないのです。
いや、なにかにょろりとしたものが憑いているよな感じなのです。
憑いてるコが、こんがりふさふさ尻尾が2本のツリ目な姐御か
ふわふわ髪が長くてあおじろい薄倖娘娘なのか
さだかではないですが
どなたであっても、ネバ嬢に憑くのは私ひとりで十分でありますので
厄祓いに行かなきゃねえということを話しておったのです。
丁寧に礼儀正しく、しかし、御引き取りを願うのです。

で、厄祓いって調べたら、地元の土地神さまの神社ですると
ちょっとお高い。。。由緒正しい神社なのでそれを考えると安いのかも
しれないですけど。。。
じわじわ我慢してるゲームを5本くらい買えるよ。。。
日帰りで温泉とか行けちゃうんじゃね。。。
飲み屋に3回は行けるなあ。。
うーーーん、じゃあ、そんなに本格的じゃなくてもいいや。。
アマテラスの大御神が聞いてたら(てゆか聞こえてる)、
苦虫+呆れ+少しの怒り=ひきつり笑顔、てな会話を繰り広げるレズふたり。。。

協議の結果、厄祓いはしないけど御守りは買いましょうそうしましょうってことにまとまって
行ってきました、いざ鎌倉に☆
暑かったわ。
人がたくさんだったわ。
お子様の集団が道を塞いでいたので「はいはいレズ通りますよー通してくださいねー」って
脅かしたり
(でもお子様たち、へえレズふーん、みたいな、全然まったく、どいてくれなかったorz)
(なによその強さ。。。)

鎌倉着いた時点でおなかぺこぺこだったので
キャラウェイってカレー屋さんに入ったんです、が、
ご飯の量が半端ないって知らなかったために
ふたりとも、胃が、はちきれるまで食べることになり
店を出たときには、お互い瀕死状態。。。。
腹ごなしだよって、八幡様に向かったものの、おなかいっぱいすぎて
参道の屋台から漂ってくる食べ物の匂いすら猛ダメージです、
目はうつろ、足は千鳥、繋いだ手の感触だけが生存の証、というありさまに。

判断力も鈍りまくりなので、八幡様から長谷寺まで行くのも
曲がり角での雰囲気と勢いで方向を決めたものだから
住宅地に迷い込んで、遠回りしちゃったり。。

長谷寺では、御団子を食べて(別腹とはよく言ったもの)
紫陽花を冷やかし「根元に死体が埋まってるとねえ好い色が出るんだよ〜」
洞窟も冷やかし「スライム出るよユーレイ出るよDQ5レヌール城のBGM先に思い出したほうが勝ちね」
御守りを買って
展望台をちら見して
終了!

そのあと、由比ヶ浜まで歩いていって、海辺できゃっきゃ遊んで
帰途に着きました。
海辺でもどこでもだけど、わたしがぺったぺったくっつくので
もれなくネバ嬢がレズバレするのが、ちょっと申し訳ないような。。
失礼なジロ見してくるひとたちって、ネバヤちゃんだけを見すぎなのよね。わたしのこともちゃんとレズって思ってくれてんのかしら。。?わたしもーわたしもレズなんですけどーーーーねえちょっとおー!!

話が逸れちゃった、
あの、海辺はトンビもいなくて、楽しかったです。
さんざんはしゃいだのに、お腹がぜんぜんこなれなくて
「海風気持ち好いねえ」
「砂浜楽しいねえ」
「うぷ、お腹いっぱい!」
「貝殻落ちてるよ」
「クラゲ打ちあがってるよ」
「んむ、お腹苦し!」
「写真撮るよー」
「綺麗に撮ってねえ」
「あば、お腹くちい」
とかなんとか、なんだか海の爽やかさが3割減な状態だったという。。
キャラウェイのご飯量は、マジで、お気をつけくださいっ。

あっ、HPのほうで、今回の写真をちょろっとあげましたので
よろしかったら御高覧下さいませ。。。!☆

posted by 綿埃雪 at 00:00| ビアンのすみっこのほうの話