2009年11月20日

おんせん

わーい!寒いですね、冬ぽくなって嬉しいのですが
雨はいただけないのです。どうせなら、パウダースノウ降って欲しいなあ。(無いものねだり)
めっきり、だいどころが冷たい匂いになって、ああ冬だなあとわくわくします。

寒くなったついでに
ネバヤちゃんと、温泉ぽいとこに行って来たのです。
行きしなから、曇天&強風だったこともあり、電車からの風景とかね
ちょっと物悲しい。いのうえよう●い、とか聴きたい雰囲気。笑
窓から遠く、こじんまりした工場の煙が、
倉庫地帯を背景にひょろひょろ斜めってるかんじも、
わびさびです。(ええ、私にとっては風流です。。☆)
そして、温泉に着いたら、女湯にはおばあさんしか居ない。
おばちゃんもいないの、おばあちゃんだけなのよ。
お風呂も広すぎず奇を衒わず、でも、露天風呂が意外と充実しておるのです。
ごはんも、豪勢からはほど遠い、量も少なめで、がぜん美味しい。
(遠くのテーブルで誰か知らないひとが、おにぎりを食べていたのですが
まあったそのおにぎりがね、美味しそうでね、「握り飯」って言いたくなるような、そんな感じで。)
ああ、なんて素晴らしいんだ〜っ。
たまらんな!このしみったれ感がよすぎるぜ!!!と、風呂のなかで
ネバヤちゃんにしつこく感動を押しつけておりましたら、
持ち前の代謝の良さのせいか、湯あたりしちゃったようで
「も、もおいい。あがる。。。休む。。。」と畳の休憩部屋へふらふら倒れ込んでしまったので
しんどそうなネバ子に後ろ髪ひかれながらも
また二度風呂行きまして、がっつり露天を堪能いたしやした。(自分だけ!orz)
露天はね、いいですよねっ。
10年以上前に、冬の道東で、
「THE★宿屋の御主人が掘らはった」系統の露天風呂に入ったときの
感動がよみがえりました。
ネバ子と露天風呂めぐりとか、いいなあーと思ったんですが
きっと、ぼんやりそう思ってるうちに冬が終わる予感です。。。

次の日は、ビアンバーベキュ大会でした。
バーベキューってお腹いっぱいになりますよね。調子のって肉ばっか食べてたからです。
ちったあ遠慮しなよって、そのときの自分に言いに行きたい。。。バカだねもう。。。
どかーーんとKYな私と絡んでいじって話してくださって、ありがとうございました。。っ

そう、全然話変わるのですが
ネバヤちゃんの好きな漫画家さんのとある本を読んでいたら
「意志の力で、痛覚の臨界点をずらせば、ほーらだいたいのことは平気☆」
という趣旨の描写があって
(それが本題ではないのですが;)
おおお、これ、ちょー使えるじゃん!とテンション上がりました。
自分限定法則で、がけっぷち〜って思ってるときほど実はまだ山小屋の中って自覚は
前から一応あるにはあったんですが。。い、いちおうは。。。
痛覚に限らず、だいたいのことは、ずらしてしまえばいいじゃない。うふ。
とか一週間くらい、わたしもう悟りひらいちゃったわ〜って天狗になってたんです。

そ ん な う ま く い く わ け な い 。

ずらすの、大変ですね。
だって眠気すら撃退できない。
痛いものは痛いし怖いし、だいたい、空腹が我慢できません。
お腹減ったって一度おもっちゃうと、以後はそれしか考えられないの。
満腹にならなきゃ、落ち着かないですよ。ぷ。
そこのつまずきさっさと越えようよと急かすユキ1がいるんですが
ここでうずくまってるのがいいんだもんと拗ねるユキ2が、どうにも、頑固。
ヘタレな私は頑固なほうの2を、なだめてふんづけてひきずって
ふつうに暮らしていくしかないという結論になりました。
前記事もだったけど、自分をどんなスーパーヒーローだと思っているのか。
恥ずかしいなあもう。しっかりしてっ。
てゆっか、あの漫画家さん、普段から、ずざーっといろんなことをずらして
暮らしてはるのかしら。。。す、すごいです。。orz

posted by 綿埃雪 at 00:00| 古い日記