2007年06月09日

実家へ

今週末もネバヤの実家に帰ってきました☆
(あっネバヤの事件は、喧嘩ではなかったので一安心です。。
でも痛そうな事件でした;)

お父様はいらっしゃらなかったので
お母様とネバヤと私の3人で
下駄箱の入れ替えなどをしました。

天寿をまっとうした下駄箱は、ネバヤと私で解体し
ヒモでくくってガレージへ。。。なむ!&謝謝☆
(なぜかまた今、ネバヤが私の腕のほくろに落書きをしています。。★猫にゃん可愛い〜)

ネバヤはこうゆう大工仕事もうまいのです。
手際よくぱぱっとバラしてしまい
5分もかからなかったくらいです。

そして、それはお母様から受け継いだ血のようです。
新しい下駄箱は、すでにお母様が1人で組み立ててくださっていたのです。

そう、お母様はかっこいいのです。。。!!
なんでも作れて、修理できて、古き善き胆の据わった女性、という感じなのです。
晩御飯をいただいたあとに
独身時代に、編まはったテーブルクロスとベッドカバーを見せてもらったのですが
木綿糸でレース編みで、テーブルクロスとベッドカバーですよ!?

すっごくキレイなのです。感動です。。。!
博物館とかに飾られていそうな感じなのです。

そんなこんなで、またいつものように御馳走をお腹いっぱいいただいて
お土産もたくさん持たせてもらって
帰ってきました。

帰り際がね、寂しいのです。。お母様ともうお別れかあと思って
しんみりしちゃいます。

いつもお元気でいてください。。!!!

posted by 綿埃雪 at 00:00| 古い日記